妊娠DHAいつから

妊娠中のDHAはいつから摂取したらいいの?早すぎてもダメ?

妊娠DHAいつから

 

妊娠中、DHAいつから摂取するのがいいの?と疑問ですよね

 

妊娠中に摂取したい成分と言えば、「葉酸」が有名ですが、DHAも葉酸と同じくらい大切な成分なので、是非妊娠中から積極的に摂取したい成分のひとつです。
DHAは学力向上や脳を活性化する効果があると有名ですよね。
しかし、脳内の神経細胞は胎児の段階で全て完成し、生まれた後で増える事はないんですね。

 

出産後、DHAをもっと積極的に摂っておけばよかった・・・

 

と後悔してももう遅いのです。
そうならないためにも、DHAを胎児の段階でしっかりと赤ちゃんに届けておく必要があると言われています。

 

しかし、気になるのはDHAの主成分は青魚!ということですよね
なぜ妊娠中の魚が注意が必要なのかというと、魚の中には微量ながら水銀が含まれているからということ。

 

通常であれば自然な形で水銀は排出されるため問題ないものの、胎児にはこの排出作用が備わっていないため、この魚に含まれる水銀が悪影響を及ぼす可能性があると言われています。

 

妊娠DHAいつから

 

DHAは特にマグロなどの魚に多く含まれていますが、この結論から言うと、妊娠中の摂取は積極的に行うべきではないみたいですね。

 

赤ちゃんのためにはDHAをたくさん摂取したい・・・でも魚には水銀が含まれている・・・

 

どうしたらいいの?という方もいますよね

 

そんな方におすすめなのが、水銀の影響がないカロリミット口コミです。
水銀が含まれていないDHAサプリメントは、まさに妊娠中の方のためのサプリメントですよね。

 

ですので、妊娠中の方は、水銀の含まれていないDHAサプリを選ぶなど、DHAを工夫して摂取してみてくださいね。
妊娠中の健康は特に気になりますので、健康第一でDHAを摂取してくださいね。



このページの先頭へ戻る